いつか愛せる

DVのその後のことなど

「回復」の定義を模索してみた

 読んだ本の内容を思い出して、また頭が刺激されています。以前は当り前に使っていた「回復」という言葉を、考え直しています。回復に抵抗を感じる当事者(暴力で心身に傷を負った人)があると知っているので、理由を考えていました。

◆「回復」を嫌う理由 先日「歪な愛の倫理」の読後感想を書いたときに、理由が見えた気がしました。多分、当事者を「回復させるべき弱者」とみる支援者や治療者があるからだと気付きました。「こういう風になるべき」と教科書のような回復イメージを提供されたのかも知れません。

私の場合は自助の活動で癒され力をつけたので、治療や支援にはほとんど係わっていません。当時はどうなることが回復なのか明確な目標もありませんでした。だから自分で考えることができたしそれで良かったと思います。

◆まるで言葉狩り 回復を拒否する理由が当たっているとすれば、「共依存」と同様で言葉の意味が変わり価値が目減りしています。共依存は私には大いに役に立った概念ですが、当事者以外に悪用され、時には嫌われる言葉になりました。(DV殺人の原因を「被害側が共依存者でマゾだったから」とされた判例があります。共依存者は暴力をふるわれても仕方ないことにされてしまいました)

当時者が嫌う言葉はなるべく避けたいですが、よりふさわしい言葉が見つからず変えるべきかどうかも判断できないため、今はこのまま使います。

(アキレア=西洋のこぎり草の花言葉は「戦い」「治療」「真心」など)

             

◆私の考える回復 私が自分の何をもって「回復した」と感じているか書いてみます。ひとことで言うと、DV経験前のように(完全に同じではないけれど)普通に生きられるようになりました。具体例を挙げると、内容が2通りに分かれます。

◆回復の1つ目 生活の中で急にフラッシュバックして涙が止まらなくなることも、男性が怖くてフリーズしてしまうこともありません。ドラマや映画の暴力シーンもあまりひどくなければ見ていられます。暴力やDVという言葉に過剰には反応しなくなっています。ある時期には「私はDVサバイバーだ」という自我にすがらないと自分を保てない気がしましたが、とっくに必要なくなりました。私が私であることに過不足を感じません。

傷ついて弱った部分が癒され新たな知見を持てました。自分の意志も取り戻したし、何が好きで何が嫌いか今は自覚しています。つまり1つ目は、私自身の心の回復です。DVを経験する前よりむしろ丈夫になったと思います。

◆回復の2つ目 暴力をうけた相手である夫に対し、もう憎しみや恨みは感じず怒りをぶつけたい欲求もありません。過去のことと割り切れていますし、何なら記憶を夫と分かち合うことも出来ます。もちろんすでに暴力はうけていません。過去の暴力のためにコントロールされている感覚もなく、嫌なものは嫌だと意思表示できます。当り前に会話しますし、昨年の結婚記念月には私の希望で一緒に旅行しました。

このように2つ目は私と夫との関係です。私の場合は同居のまま関係を作り直しましたが、手段として離れる選択もあります。目的は同居する関係の継続ではなく暴力の無い関係になることなので、離婚も手段になりえると思います。

◆優先順位 私は1つ目を「自分自身の回復」と呼び、2つ目を「関係の再構築」としました。以前は2つ目を関係の回復と呼んでいましたが、元に戻るのでなく良くするという意味で再構築です。

そして自分自身の回復を優先に考えます。自分がボロボロの時に対人関係の再構築に取り組むのは困難ですから。それに相手と別れようと別れまいと、自分自身を回復させることはその後の人生に有効です。(以前は有効ではなく人生に「必要」だと表現していました。でも必要と言ってしまうのは押し付けなのでやめました)

◆共依存からの回復 共依存者は相手から離れられません。だから私が離婚も覚悟した時点で、内面は共依存からほぼ脱していたと思います。その時すでに私自身の回復が始まっていました。私の変化の影響なのかどうか不明ですが、夫も変化しました。結果として離婚することなく関係を再構築できました。

共依存から脱したなら、それは「自分自身の回復」と「関係の再構築」両方が進行しています。ただ関係が続く以上また共依存に陥る可能性は残るため、自己チェックは必要だと思います。

 回復するもしないも本人の自由選択ですし、回復を他の言葉で表現しても構いません。何より回復の定義は他者が決めるのでなく、本人が自身に望むことだと思います。

それでも当事者が混乱している時には「こんな形やあんな形があります」と提示してくださることを、支援者や治療者にはお願いしたいです。

読書だと判断してもらえなかった

 はてなの仕組みへの疑問❓です。私が昨日のせた記事は「歪な愛の倫理」という本の書評あるいは感想のつもりなのですが・・・違うのでしょうか😅

普段の私の記事は、トップページにあるトピックの「ライフスタイル」に表示していただけています。ありがたいです。タグに必ず「暮らし」と入れるようにしてから載るようになりました。それが理由かどうか確信はありませんが。

 昨日の記事は読書した内容なので「読書・マンガ」にも載るかな?と期待しました。たまに複数のトピックに載ることがありますよね。タグには「暮らし」の他に「読書感想」もつけました。

でも「ライフスタイル」にしか載りませんでした。どうして?

タイトルはそのものでしたし、本文中に書籍名も著者名もあり「本」も「読書感想」も入っているのですが・・・・・読書感想でなく「読書」としておけば良かったのかな? それとも入れた写真が本と無関係なお花だから?

 いつもUPしてから数分でトピックに入るので、おそらく人手ではなくAIが分類していると思われます。ということは、昨日書いたものはAIに「これは感想でも書評でもない!タグに読書感想なんて入れても騙されん!」と避けられたのでしょうか。 

              

 うん、そんな日もありますね。この絵はもともと「ハカイダー」を描こうとして失敗し、ラーメンに描き変えて出来ました。つまりもとはラーメン丼でなく脳味噌だったのです。(もとは味噌でも塩味)

 今日も真面目な記事を書きかけましたがまとまりませんでした。でも書けないスランプは何となく抜け出せつつあります。

<追記> この記事は「読書・マンガ」にも載りました。やはり「読書感想」ではダメで「読書」がいいのかも?

 

「歪な愛の倫理」の感想その②

 読書感想の続きです。その①はこちらです。↓ 文体自体も変えてしまっていますね。一貫性がなくてすみません。

◆これまでの専門書との違い 「歪な愛の倫理」は「絶対に離れる方がいいのに暴力関係から離れない人」たちについて、第三者に理解と対応を考えさせる本です。これまでの専門家は「洗脳で無力化されている」「経済的な不安」「周囲の圧力で別れられない」等の解釈をしていました。それも当たっている部分は多いのですが、そうでない部分を説明してくれたのがこの本です。より深く当事者の内面にふれています。それは当人を弱者としてでなく対等に見ているからではないかと思え、私はそこを好ましく感じます。

◆著者への共感と感謝 私が本を出したころは「DV=離婚(被害側を逃亡させる)」以外に支援が存在せず、今も大きくは変わらないと思います。別れる以外の実例として私を利用していただき、うれしく思いました。

また研究者である小西さんが、ひたすら当人の意志を尊重されていることが新鮮でした。傍目にはどう映ろうと、離れるにも離れないにも個々の理由があります。そしてその理由が支援者も含む部外者にすべてはわかるはずがない。これまでの専門家が重要視していなかったその部分に、目を向けた本と言えるかも知れません。

◆私の発見 自死された方の人生をも尊重する考え方は今までにない視点で、何度も読み返したいと思いました。

また、支援者が当事者を「回復させるべき弱者」と捉えがちなことに、私は以前から少し反発心を持っていました。でも私も似たようなものだったのですね。以前は私自身が「傷ついたら回復すべき」だと考えていて、それは自分が楽になれたからです。他者から押し付けられるのは御免だけれど、自分の意思で回復に取り組むのは正解だと思っていました。でも回復「すべき」という思いが他者に向かうなら、それは無理解な支援者と同じ押し付けですね。私が元当事者であっても例外ではないと気付けました。      

◆愛について 二読してもまだ小さな違和感がありました。一般的に「共依存は偽りの愛」と評されることがこの本にも書かれています。愛の解釈は個々人によるのでこれは私の場合ですが。自著のタイトルを「いつか愛せるーDV・共依存からの回復」としたほどで、私は共依存を「愛」とは考えていません。いつか本物の愛を持ちたいという意味のタイトルです。小西さんは、これらを総称して「歪つな愛」と名付けたようです。

私は共依存と愛を別ものと考えますが、この本を読んで、共依存と愛が同時に存在することもあるのかも知れないと考え直したところです。特にトルーディ事件(自閉症の息子の暴力によって母親が亡くなったこと)など。←この件はネットに論文もありました。

https://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/lt/rb/665/665PDF/konishi.pdf

(テイカカズラの花言葉は「依存」「優雅」「栄誉」など)

           

◆回復に関する違和感 もうひとつの違和感は「私は共依存を自分なりに理解して克服したつもりだけど、別れないでいると今も共依存だと思われるのかな?」ということでした。大きな傷を負った人間が、傷を癒して共依存も克服して生きる・・・という状況は想定されないのかな。

ただ、私が回復したかどうかは他者が判断することではないし、「歪な愛の倫理」の趣旨からもずれます。小西さんが「いつか愛せる」から引用してくださったのは「離れることなく解決の道を探ることを求める当事者」の声としてのみ。だから、私の回復をどう捉えられているかを考えるのはやめました。共依存の回復については、小西さんはまた別の本に書いてくださるのではと期待します。

 私自身の回復の考え方を書くつもりで書き始めたのですが、すでに一杯一杯💦になったので続きはまた今度にします。本の感想はまだまだありますが、内容が深くて盛りだくさんなだけに、いつまとまるのか見当もつきません。

イラスト「怖がり船長」

 読書感想の記事を書いていたのですが、まとまりそうにありません。今日もイラストとショートストーリーにします。今回の絵も私は色塗りだけです。このころは色鉛筆でグラデーションに塗るのがマイブームになっていました。けっこう綺麗な色が出るものですね。17日の記事の↓続きです。

 こんな風に教えてくれました。実は怖がりな船長がびっくりして泣き出したとします。無我夢中で髪を振り乱して走っていても、笑顔ではしゃいでいるように見えるそうです。

「船長だ! おーい、今日もご機嫌だね」

と声をかけられますが、近づくにつれ涙と鼻水にまみれてひきつっているのがわかります。誰の声も耳に入らず、立っている人も目に入りません。

「あれ? 船長、泣いてる?」

と気づいた時には、全力で走る船長に接触して吹っ飛ばされてしまうそうです。

「だから私が遠くから走ってくるときは注意してください」

「なるほど。そういう時は一歩横にどいて身を守ることにします」

 

       

 

 そう言えば、船長をびっくりさせるとまずいことは私も体験済みでした。実は料理中に声をかけられて、包丁を手にしたまま振り返ったことがあります。たまたま刃先を船長に向けてしまったのです。

「やめてくださ~い😱!!」

と叫んで逃げられました。それから船長の姿をしばらく見ませんでした。幸いお腹がすいて戻ってきてくれましたが、申し訳ないことをしました。

 ところでバンザイして飛んでいるトラ猫も喜んで見えましたが、実は怖がっているのでしょうかね?

カレーと珈琲の酸味が苦手な仮説を立てる

 お昼にレトルトカレー食べたら、ちょっと酸味を感じる味付けでした。あまり私の好みではありません。「それでもカレーは美味しい😄」と思いながら完食しましたけれど。

              

◆酸味を感じる珈琲 そう言えば私は、珈琲も酸味を感じるタイプが苦手です。そもそも珈琲が体質に合わない(胸焼けする、車酔いする、眠れなくなる)ので1日に1杯未満しか飲めません。まったく通ではありませんが、香りは好きなのでミルクと砂糖入りなら飲みます。ブラックで飲むのは甘いお菓子と一緒のときだけです。「モカは酸味が強い」と聞いてから、なるべく避けるようにしています。朝はもちろん紅茶派です。

◆酸味が苦手なのか? では私は酸味が嫌いなのかというと、それはありえません。果物好きですから。特に適度な甘さと酸味のある柑橘系やベリー系の味が大好きです。酢豚にパイナップルが入っていてもOKですし、ハンバーグに乗っていても喜びます。日ごろから果物と野菜をミックスしたジュースを常備しています(生の果物より安くて簡単ですから)。カレーでもフルーツの酸味を感じる場合は美味しいと思います。

◆お酢もヨーグルトも大丈夫 酸味の代表であるお酢もいけます。暑い季節は酢の物を食べますし、ラーメンを食べる時は途中からお酢でさっぱりと味変します。ダイエット中はマヨネーズのかわりにお酢と少量のオリーブオイルを生野菜にかけていました。ヨーグルトも毎日食べてもいいと思うほど好物です。ヨーグルトに果物やアロエ入りだと好きの2倍です。

 では、どうしてカレーと珈琲の酸味は好きになれないのかしらん。

◆劣化のイメージか 酸味で思い当たるのは「腐った」ときの変化です。もしかして覚えていないだけで、腐った食べ物で酷い目にあったのかなあ。タンパク質系の食品が腐敗したときには酸っぱくなった気がします。

そう言えば、昔バイト先のコーヒーメーカーで1時間以上煮詰まった珈琲の味を思い出しました。苦味と酸味で不味かった・・・ミルクと砂糖をたっぷり入れても酸味は誤魔化せませんでした。あの味のイメージのせいかも知れません。

◆疑問が残る 今日食べたレトルトカレーの酸味成分は何だったのか? 箱を見てみると「トマトペースト」が入っていました。トマトは好きなのに変だなあ。ちょっと調べると「トマトやワインは加熱不足だと酸味が飛ばない」という情報がありました。でもレトルトカレーが加熱不足だとは思えません。計算された酸味のはずです。私がトマトとカレーの組み合わせが苦手なのかなあ。

結局、私の脳が「酸味=劣化」のイメージを持っているという仮説しか立ちませんでした。今度レトルトカレーを買う時は、念のため成分表に注意してトマトを避けてみます。

イラスト「風が強すぎ」

 昨日も一昨日も強風でしたね。あれは春一番だったのでしょうか?

強風で思い出したオリジナルイラストを貼ります。絵に合わせたショートストーリーも作っていたので少しコピーします。私に文才はないのがバレますが。(私は彩色と文章だけの担当です。絵と手書きの文字は私ではありません) 

  

 我が家の掃除機が壊れて買い替えたときのことです。船長に荷物持ちを頼み仕事帰りに量販店で待ち合わせました。こういう時はすぐお風呂にも入り早々と支度をします。赤いコートに青いマフラーをして鏡を確認します。くせっ毛で跳ねた髪も丁寧にとかします。

「完璧だ」

 その日は木枯らしが吹いていました。一歩外に出るとおしゃれがすべて無駄になりました。コートの裾をしっかりおさえて歩きます。格好良く歩きたいのに両手で服の乱れを押さえ、小股でヨチヨチ歩きです。

 駅前はさらに強いビル風が吹きます。人々は皆一瞬足をとめて帽子をおさえたりよろけたり。船長は重いので飛ばされそうにはなりません。ただ髪はヒュルンと舞い上がり、やわらかいほっぺがぷるぷる波打ちます。まるでスカイダイビングしている人のようです。「風が強すぎ」と言いたくて口をあけた瞬間、強風が口に入ります。ほっぺが歪んでうまく発音できません。

「かえが・・・かぜが・・・つおすぎ・・・」

マフラーが顔にペタッと張り付き前が見えなくなりました。両手でコートをおさえているためマフラーは直せません。歪んだほっぺのまま

「風が・・・つおすぎ」

「前が・・・めえまへん」

と繰り返しながら歩きやっと店に到着。私の顔を見たときには鼻息荒く、

「風が強すぎです!」

と宣言しました。それでも無事に掃除機を買う計画は遂行出来ました。

この強風の中の船長は笑顔に見えます。笑顔の多い船長でもお洒落した日の強風はうれしくなかったはず。

「どうして笑っているのですか?」

「違います。笑っているように見えるだけです」

顔のつくりのせいで笑顔に見えるのでよく誤解されると話してくれました。(続く)

加害側になってしまうことを想像する

 スランプらしき状態で、介護の話の続きもこのブログの目的である本を書く話もピンと来ず。でも本の下書きは何とか続けたいので、それに近い話題を書きます。

 

◆加害側になってしまうこと 表現するということは、誰かを傷つけることだと最近どこかのブログで読みました。「え!」と驚いた後に「やっぱりそうか」と納得しました。その記事を書いた人は弱者やマイノリティの読み手を意識したようですが、まったく攻撃の意図が無くても読んだ誰かを傷つけ加害になることはありえます。

(アザミの花言葉は「報復」「独立」「厳格」「私に触れないで」など)

              

◆存在だけで痛みを与えてしまう 昔、DVがテーマのサイトを運営していた時のことです。私は自分が攻撃をうけない用心だけでなく、自分が誰も傷つけないようにと神経を使っていました。まさに弱者でマイノリティの当事者がどんなことに傷つくかは身をもってわかり、攻撃をしない配慮はそれほど難しくありません。でも悩んだのは私の立ち位置でした。同じDVサバイバーでも、たまたま私は離婚せずに夫とやり直している少数派です。それを「自分には出来なかった」と責めたり卑下する方が少なくなかったのです。特にクリスチャンはその傾向が強いです。

◆伝わるとは限らない それを回避したくて私は何度も書きました。「私がやり直せたのは私の手柄ではありません」「たまたまの結果論です」と。相手を変える方法を聞きたくて来られる人もあったので「私はそんな方法は知りません」と伝える必要もありました。

私の説明を受け止めてくださる方もあれば、離れる方もあったと思います。受け入れてくれた方とは、自分を癒す話や人生の話で盛り上がれました。

◆方法は無い あのころ感じていたのはこれだと認識しました。どんなに気をつけても、絶対に誰も傷つけない方法など存在しないですね。ひとりひとり状況が違うから、何が攻撃になってしまうかわからない。書かれた言葉は書いた側の思いを伝えるとは限らず、読み手の受け取り方に委ねるしかありません。

だから何かを発表するということは、誰かを傷つけてその人から攻撃を返される可能性もあるということ(←私は怖いのでSNSをやりたくない)有名人ほどリスクも大きく命の危険さえあります。

◆理解して覚悟する なのにまた本を出したい私。もう、覚悟を決めるしかありません。誰でも人に迷惑をかけずには生きていけないのと同じで、表現すれば誰かに痛い思いをさせます。例えどんなにのどかな内容でも。例えば私も、美味しそうな写真いっぱいのブログを見て「こんなに外食できていいなあ」と思うことがあります。ごく普通の家族の日常が書かれていても、両親や子どもや配偶者のない読者から恨まれることだってあるかも知れません。

◆想像力を働かせる 本当は覚悟する自信も無い私です。ですのでまた精一杯の回避の努力をします。こういう表現はこういう人を傷つけることにならないか? と想像力を働かせること。どんなに想像しても私の想像を超える人がいるに違いないので、できる範囲のみです。それでも誰かを傷つけてしまったと知った時には「うまく伝えられなくてごめんなさい」と謝ろうと思います。